桃田ぶーこの「ゆる糖質制限」ダイエット

たのしくおいしく、やくにたつ

「これも食べてね」断ることが出来ない場面に直面した

今日は朝から納品先のイベントの手伝いに行ってきました^ ^

 

たくさん声を出し、たくさん動き、たくさん野菜が売れました^ ^

f:id:cheboo:20181123180935j:plain

動ける身体に感謝!!

しゃがんだり立ち上がったり重たい野菜たちを運びシャキシャキ動けた自分が嬉しかったです。

f:id:cheboo:20181123181010j:plain

 

お昼ご飯は、出品しているおこわ、ジャガイモ煮、カブのシソ漬け、まんじゅう、クッキー、せんべい大量、お茶などを納品先の責任者の方が用意してくれました。

そしてみんなで囲んでお喋りしながら食べたのですが、、

 

顔見知りのおじさんやおばさんが「これも食べな!美味いぞ!」「これも食べてね」と作ってきた梅の甘露煮、ウリの粕漬け、らっきょう甘露煮を私のお皿の上に!

まんじゅうもお皿の上に!!

これが「断れない状況」なんだわ!

 

 

私は迷わず美味しく食べました!(^^)

こういう状況でも出来ることはあります。

糖質の多いまんじゅうとおこわは一番最後に食べました。

食物繊維の多いカブのしそ漬けから食べました。

あとはゆっくりよく噛んで食べました。

皆んなで囲んで食べたいつもと違う昼ごはんは会話も楽しく人が手作りしてくれたものを食べれて嬉しかったです。

 

ゆる糖質ダイエットをしてきて本当に良かったです。

ゆる糖質の基本の「血糖値を上げにくい食べ順、食べ方」はどこでも出来ます。

昔のリバウンドを繰り返していた間違いだらけのダイエットをしていた時ならきっと食べれなかった可能性が高い。

若い頃カロリー計算していた頃はまずは計算しないと食べるのが怖く口に出来なかった時期もあったのだ。

 

ジャガイモ煮を食べたら余りの美味さに感動したが1つでやめときました。他の物も少しずつ食べました。

ジャガイモ煮を1つでやめたのは、おこわとまんじゅうを食べたらお腹が満足したからです^_^

「お腹が満足」と「脳」がちゃんと指令を出してくれている。ちゃんと正常に指令が出ている。

ダイエットは体重を落としながら「デブ脳」も改善していくことが非常に大事だと思います。

 

「食べていけないものはない」

 

「普通に食べれば太らない」

 

「痩せる方法ではなく太らない方法」

 

今夜の夕飯は昼に足りなかったであろうタンパク質や脂質を意識しました。昼に糖質が多かったからといって量を減らすのではなく糖質以外の足りない栄養を食べる。お腹が空いていなければ量を少なめに食べる。

「調整」します^_^

 

最終目標体重58キロ!あと2キロ!

目標体重達成がゴールではなくスタート地点!!

健康的にこれからもゆる糖質続けていきます!