桃田ぶーこの「ゆる糖質制限」ダイエット

たのしくおいしく、やくにたつ

質問に答えます【おすすめ糖質ダイエット本】

いつも質問ありがとうございます。

私が参考にしている【糖質ダイエット本】について質問をいただくことが多いので答えます!

 

まず、いろいろ見ると分からなくなるので私は2冊しか見ていません(それもパラパラ見ただけ)

どちらもダイエットを決意したときにゆる糖質ダイエットを勧めてくれた友人チェブがプレゼントしてくれたものです。チェブからの本選びのアドバイスをもらったので最後に載せますね!

 

1.糖質オフ料理のレシピ本

糖質制限の第一人者、江部康二医師監修の本です。
レンジで作れて作り置きできるものが沢山載っています。
とても簡単なのでおかずの種類を増やしたい人に便利だと思います!
 
{63AE08B8-8070-46D6-A27E-7A17AD3B0FF9}
 
{7C772FEA-ABE8-4F7E-A93A-746B74FA8813}
 
最初に糖質オフのOK食材やNG食材など糖質制限ダイエットのやり方の説明があるのですが書いてあることが分かりやすい! 
 
↓糖質オフでは主食をおかずにチェンジする!

f:id:cheboo:20190306184429j:plain

 
どれくらい糖質オフしたら良いのか?
プチ、スタンダード、スーパーの3つの方法から選びます! 
image
 
この本を見て、私は朝と夜の主食を抜く「スタンダード糖質オフ」から始めました!
 
友人は「プチからやってみよう」と言ったのですが、スタンダードの説明に
「ぐっと痩せやすくなり、続けるモチベーションがわきます」
と書いてあり「私にはこれだ!」と直感して決めました(^_^)
 
レシピは食材ごとにあり全109種類も載っています。
↓こんな煮物もレンチンで作れます。

f:id:cheboo:20180711151054j:plain

  

 

2.糖質ランキングの本

もう1冊はこれです!
友人が教えてくれたゆる糖質ダイエットはこの本の「糖質ちょいオフ」がお手本だそうです! 
{F72F7EC1-7E92-4EA4-9902-B001972DEFB4}
 
糖質制限は糖質を避けることでなく「血糖値を上げない食べ方」をすることだと知って目からウロコが落ちました!
ここを間違えると「主食や甘い物は我慢するもの」 と思い込んで「辛い」「我慢」「続かない」という失敗につながるので注意です!

f:id:cheboo:20190306190446j:plain

 
糖質ダイエットの解説は短めで、食品ジャンルごとの「糖質ランキング」がメインの本ですがこの表がかなり使いやすい!  

f:id:cheboo:20190306191307j:plain

最初はグラム数を見てもピンと来ないですが、この本は糖質が高い順に並んでいるのと、顔マークで注意度を表示しているのでOK食材かNG食材かパッと見でわかります!
 
 
クイズ「どっちが糖質が多い?」も沢山あり面白い!
{C2B2BF2D-44EF-41CA-A788-C355898D08E7}
これ、全く当たりません!(≧◇≦)
太らないと思っていたものが実は糖質が高く「だから太ったんだ」「思い込みって怖いな」と学びました。
 
※答えはこちらで書いています↓ 

 

友人チェブより 
友人に「本について詳しく書きたい」と言ったら熱いメッセージを送ってくれました!
ぶーこの友人チェブです。
レシピ本は、ぶーこがお腹が減ったときにお菓子や菓子パンを食べる代わりに「おかず」を食べてほしくて手抜き&作り置きレシピ本を選びました。監修の江部先生は糖質制限の第一人者と言えるお医者さんです。
糖質制限は我慢なくしっかり食べることが「続けるコツ」なので手軽に真似できそうなレシピ本は必須!本屋に行くと美味そうな糖質オフ本がたくさんあるのでお好みで選ぶとよいです。
 

 

黄色い本は「そもそも糖質って何?」「何で糖質オフすると痩せるの?」という基本知識を「ゆるーく」知りたい人におすすめです。糖質ランキング表は食材の「選び方」に役立つのでご家庭に一冊、永久保存版になります。

細かいことはさておき最初に知るべきことはこれ1冊で十分なんじゃないかなーと私は思います。小さくて薄い本で後半はダイアリーなので読むところ少ないのもいい!その代わり熟読してほしいです。

すでに絶版なのでアマゾンで電子版か中古を探してみてください(注意!アマゾンの中古はアクセスが集中すると価格が異常に高くなります。逆に人気がなくなると下がるので安いときを狙ってみてください) 

 
 
なお、糖質制限に関する情報は巷に溢れていますが、まず「誰が書いた情報か?」チェックして、お医者さんが監修している情報を参考にしてほしいです。
特にネットは間違った情報も多くて「どれが正しいんだ??」と迷子になりがちですが、お医者さん発信の情報は大きな違いやブレはないので安心です。とりあえず最初は医師監修の本やサイトを見て「基本」を正しくつかんでほしいなと思います。
  
とのことでした!
チェブいつもありがとうです!(*^▽^*)