桃田ぶーこの「ゆる糖質制限」ダイエット

講談社よりブログ書籍化!『45歳、ぐーたら主婦の私が「デブあるある」をやめたら半年で20kgやせました!』

ノルディックウォーキングと紫陽花とテント、夏が大好きになれそうな私

 

【ブログ書籍化】
講談社から私の本が出版されました!
【雑誌掲載】
雑誌「サンキュ!」11月号に掲載されました!
【初めての方へ】
プロフィール(このブログについて)

 

先日大きな公園へ行き「ノルディックウォーキング」を友人チェブに教わりながら練習してきました。

f:id:cheboo:20190628182825j:plain

f:id:cheboo:20190627085837j:image

↑私の好きなオダマキの花かと思いきや「ホタルブクロ」というお花でした(^_^)

読者の方が教えてくださりました!ありがとうございます!学びました(#^.^#)

 

ちょうど紫陽花の時期で見事でした。写真撮ったり絵を描いている方も多かったです^ ^

f:id:cheboo:20190627085826j:image

 

いろんな種類の蓮の花も見れました^ ^
f:id:cheboo:20190627085842j:image

 

天気もとても良かったです。

f:id:cheboo:20190627084912j:plain

f:id:cheboo:20190627091515j:plain

 「ノルディックウォーキング」で7.5キロ歩きました。

登山ポールを持って上半身も使ってグイグイ歩くのでヘトヘトになりましたがとにかく練習!練習!練習!練習!山に行くなら練習!

ウエアや道具の準備も大事だが、リュックの中身はお店で買えば用意できるが歩くのは自分!リュックを背負うのも自分!歩く練習をしながら体力もつけるわ!

 

巨デブだった私は歩き方がなかなか治らず体力もないのでもっと練習する!

たまにやったからってすぐに結果が出ないのはダイエットと同じ!普段からコツコツ練習しなければ体力はすぐ元に戻ってしまう!と今回ウォーキングして感じました^ ^

 

 

ジャジャーン!

友人チェブのテントです!

ウヒョーかっこいい!しばらく使ってなかったので本番で使う前に点検チェックするのだそうです!

f:id:cheboo:20190627085833j:image

 

テントをテキパキと建てながら笑顔で「このテントはね~なんちゃら山で暴風雨のときもなんちゃらで~」とテンションが高いチェブ。

すっごい嬉しそうな顔しながらこのテントの良さや細かい説明までしてくれました。

このテントで北アルプス8日間一人で登ったそうです!ヒェー!

f:id:cheboo:20190627085823j:image

二人で入ってみた( ̄▽ ̄)

ほぉー!!こりゃーよいわ!!

自分のテントがあるなんて最高ね!

私も、、、私も欲しくなりましたが、、

私にはまだ早いので居候させてください(o゚∀゚o)

今は歩く練習よ!


f:id:cheboo:20190627085829j:image

テントの中で横になるとそよ風が気持ちよく「山に行き自分のテントがあったら、、どんな気持ちでどんな景色なのだろうか、、」とニヤニヤ妄想していたら、、そのまま寝てしまった私。

友人に起こされ、、どこでも寝れてしまう自分に感心しました(笑)←それも人のテントで。

 

 

私は1年の中で夏が一番大嫌いでした。

巨デブすぎて夏は動けなく扇風機2台置きアイスと炭酸ジュースを飲み、動かないのに腹の下や二の腕などなどあり得ない場所に汗疹ができていました。

{AA4E1982-B77D-499F-A972-39DEFDAE440B}

 

ゆる糖質ダイエットをしてからは体調がものすごく良くなり健康診断も異常なし!

身体を動かしたい気持ちが出てきて歩いても動悸もなく気持ちが良いと感じるほど。。

 

山に行った時に「このゴツゴツを登れるのか?」「アスファルトとは全く違う」「足の指なんて意識して歩いたことがなかったよ」なんて戸惑いもあったが

動悸も出ず前へ前へ歩き歩き、、自分の足で歩けたときの気持ち良さ。。

 

今回も天気が良く暑かった。

何故か気持ちよく感じた。

巨デブの頃は体内に熱がこもり暑すぎて苦しかった。

今の暑さはあの頃の暑さと別物のように暑さが軽いのだ。

 

「一番大嫌いな夏」だったのが「大好きな夏」になれるのではないかな、と本気で思っています^ ^

 

夏は山に行ったことがまだないのですが

自分の体力でいける低山を目標に楽しみます^ ^

 

関連記事

2年前の私^ ^

www.buko-diet.net

登山の記事一覧

www.buko-diet.net