桃田ぶーこの「ゆる糖質制限」ダイエット

たのしくおいしく、やくにたつ

質問に答えます【食べたいときの調節】

デブ脳がジャマして、アイスやスナック菓子などを食べたくなる自分に嫌になります。なにか良い方法は…ないでしょうか?

 

質問に答えます٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 
家の中にアイスやスナック菓子はありますか?
私は自分用のお菓子、アイスは買いません。置きません。
 
夏場に「低糖質アイス」を食べましたが、食べると次の日も食べたくなり「食べグセ」が付いてしまうので「硬いもの」「よく噛むもの」をお勧めします。
 
柔らかいアイスやスナック菓子は食べてもすぐなくなってしまうので脳が満たされません。
 
わたしもダイエット当初「食べたい食べたい」時期に友人からのアドバイスで「よく噛むと良いよ」と教わり「本当かしら?」と半信半疑でしたがアタリメをカミカミカミしました。
 
顎が疲れるほど食べました。
脳が落ち付きました。
 
お菓子やアイスが食べたくなったら「お腹が空いて食べたいのか?デブ脳の習慣で食べたいだけなのか?」自分に問いかけてみてください。
 

 

 
今日は…娘とショッピングモール行った時に頑張ってデブ脳を追い払いました。
おやつにパンケーキを食べたけど…今までなら娘と私の分を注文していたけど、今日は…娘の分だけパンケーキを注文して、2口だけ分けてもらいました‼

私は…ブラックのホットコーヒーを満喫しました。

 

パンケーキ、私もダイエットを始めて少しした頃に娘と食べた記憶が!
 
写真見つけました!
 
桜の炭酸!
ダイエット始めて5ヶ月くらいかな?
この時、ダイエット始めてから初めての炭酸を飲んだような気がします。
{9BD54DFB-E320-4670-A3FE-3D6040AC811E}
 
右下の写真、パンケーキを1枚だけ分けてもらって食べました。
生クリームは甘くなく食べやすくいくらでも食べれそうな味だったのですが、私は一生分食べたのでこれだけにしました。
 
私も以前なら娘と別に自分のものを頼んで一皿ぺろりと食べていたけれど今は娘から少しだけもらいます。
 
多分ですが、娘も「お母さん変わったな、本気なんだな、頑張ってるな」と思ってくれていると思います。

全く食べないより一緒に楽しんだほうがいいと思います。
でもその日は夕飯をかなり意識したはずです。
 
 
友人の言葉です。
(近所の婆様から手作りのきび餅をもらい食べた後の会話)
{89CD2C47-6261-4C18-8BA5-619C185FF974}

「調節」することを知り新しい道が出来た感じが私はしました。
それまで私の調節は「量を減らすこと」だったので。。
 
友人は言います。
「甘い物だってたまには食べても良いんだよ」
「食べる順番、食べる量、時間を考えれば食べてはいけないものはないよ」
 
その言葉が私にとって「持続」できた大きな言葉でした。