桃田ぶーこの「ゆる糖質制限」ダイエット

たのしくおいしく、やくにたつ

痩せる(かもしれない)お酒!

こんにちは。ぶーこの友人チェブです。

GW初日、とっても気持ちの良いお天気でしたね。

いつもなら山へ出掛けているところですが自宅にこもってお仕事です。

これが飲まずにやってられっか~! 

f:id:cheboo2:20180429120550j:plain

 

さて前回、「糖質制限とお酒」でオススメのお酒について書きまして、自分でもあらためてスーパーのお酒売り場をチェックしてみました。糖質ゼロのハイボールやビール(発泡酒)はよく買ってましたが、糖質ゼロ商品、ますます増えてますねー。

試しに焼酎のお茶割り(写真)を買ってみましたが、めっちゃ爽やかで「なんじゃこりゃ!」と叫んでしまったくらい美味しかったです!

 

緑茶の健康効果は世界的にも有名ですが、ダイエッターからもっともっと注目されても良いように思います。

お茶に共通する成分カテキン」は、血中の中性脂肪コレステロールを下げたり糖代謝を良くする働きがあり肥満解消に役立ちます。

これに加えて緑茶にはβカロテン、ビタミンC、ビタミンB群など老化を防ぐ抗酸化作用も豊富なんです。

 

前にテレビの健康番組で、緑茶の産地の高齢者の皆さんの血管年齢を測ったら、全員が実年齢よりも驚くほど若い!というのをやってました。

その皆さんが飲んでいたのは、お茶っ葉を砕いた「粉茶」をお湯で溶いたものでした。

普通にお湯で淹れると出がらしのお茶っぱに成分が残ってしまうけれど、粉茶だとすべて摂取できるので健康効果がより高い!という内容でした。

なるほど!と翌日スーパーへ行ったら案の定、全種類売り切れてました(笑)。

 

ついでに思い出しましたが、昔々、健康意識の高いセレブの方のホムパにお呼ばれしたことがありまして、そのときに出されたお酒というのが、「甕雫(かめしずく)」という高そうな芋焼酎に、高そうな宇治抹茶をその場でたてて注ぐという「焼酎の抹茶割り」でした。まあ、淡いグリーンが美しいやら美味しいやら。遠慮なく何杯もお代わりしましたが全く翌日に残りませんでした。

 

110円くらいの焼酎のお茶割りを飲みつつ、そんなセレブなひとときを思い出しましたが、正直110円でも十分おいしいです(笑)

ちょいと調べてみたら焼酎お茶割りは結構種類が出てますね。

上の写真と同じシリーズの「濃いお茶割り」は「カテキン2倍」です!

あと、「酒割り専用茶」なんていう「粉茶」も発見しました!これいい!!

store.shopping.yahoo.co.jp

 

こういうもので「わざわざ作る」という飲み方はかなりおすすめです。

私がぶーこにアドバイスしたことに「お菓子は袋のまま食べないで皿に出す」とか「一口食べたら箸を置く」というのがあります。ちょっとしたことなんだけど、今までとは違うペースを作るというか、メリハリをつけるというか、わざわざ何かする。

食べ過ぎや飲み過ぎをやめよう!と心に誓っても急には止まらないものなので、やめるんじゃなくて、何かしら今までと違うことを「わざわざ追加」する。

この「わざわざ感」は結構大事かもしれないなと思います。

 

糖質ゼロのお酒を選ぶことにプラスして、わざわざ自分でお茶割りを作ってみると、飲み方もゆったりするし、カテキンの肥満解消効果で「痩せる(かもしれない)お酒」の出来上がり!

お酒を飲まない人も糖質たっぷりの缶ジュースや缶コーヒーより「緑茶」を飲もう!

 

お茶割りがあまりに美味しくてすっかりお茶の話になってしまいました。

質問いただいている「お酒のおつまみ」の話はまた明日。