桃田ぶーこの「ゆる糖質制限」ダイエット

たのしくおいしく、やくにたつ

私のデブ人生を変えた「高尾山」2回目の挑戦【ダイエット登山】

昨日は東京の高尾山へ山歩き練習に行ってきました!

私がダイエットを決意するきっかけになった山です。

  

ダイエット1年後に20キロ減量し高尾山登頂できました。

生まれて初めて「達成感」を味わい「人は変われる!」と大きな自信を掴んだのもこの山でした。

 

あれから1年3ヶ月前!

前回の体重64.5キロより5キロ軽くなり自分の登山靴や登山リュック、登山ウェアも着用!

↓頭に八ヶ岳のしらびそ小屋で買ったバンダナ巻いてやる気満々!途中でストレッチしていたら「すごく登山者らしくなった!」と写真撮られました笑( ̄∇ ̄)

f:id:cheboo:20190219145428j:image

 

↓頂上への最後の長い階段。ダイエット前にテレビで見て「私はあんな階段は絶対登れない」と思っていた 

f:id:cheboo:20190219145442j:image

f:id:cheboo:20190219175434j:image

 

GPSアプリで登山記録が保存できます

f:id:cheboo:20190219145433j:image

<登山記録>

歩行時間:3時間15分(休憩30分)
歩行距離:7.5km
高低差:395m
歩数:1万6749歩

 

標準タイム→昨日のタイム

登り:100分→85分

下り:80分→80分

標準タイムで往復3時間のコースを2時間45分で歩けました!

1年3ヶ月前は4時間もかかり下山したときにはもう薄暗くなっていましたが今回はまだまだ明るい時間に余裕で下山!

 

登りは一定のリズムでぐんぐん登れました!

下りも標準タイム通り歩けました!

山岳指導員の友人チェブが「歩行技術がずいぶん上達した証拠です!」と褒めてくれました(≧∇≦)

「この調子で標準タイムで歩ければ登山計画が立てやすい!涸沢でもどこでも行けるように下りの歩行技術を磨こう!」

 

登りはとても好きで「長い登りを登れた」「私、ここまで登ってきたんだ」と嬉しいのです。そして重心移動がちゃんと出来ると階段も坂道も楽しく歩けるのです( ・∇・)

 

しかし!下りは、、下りは〜〜

もっともっともっと練習したい!

練習します!

 

肥満時代が長かったのもあり「階段を下りる」ってことが普通にできなかったのです。

贅肉デブデブの大きな腹で足元が見えなかったのです( ;∀;)

駅の階段は手すりにつかまり手すりの方に体を向けて慎重にゆっくりでないと階段を下りれなかった。自宅の階段も同じでした。

 

なのでダイエットして腹が減っ込み足元が見えた時は嬉しいより不思議な光景でした。。

 

しかし階段の手すりを使わず体を真正面に向けて階段を下りることが非常に怖かった。

右足を下ろしたら左足はまだ残しておく。長年肥満だったので安定感が非常に悪い。

歩き方も階段の下り方も改善が必要レベル。。

 

登山でも下りは非常に緊張する。

次はどこに足を置きそして次はどこに足を置くか、立ち止まり先の方まで見ると把握できる。緩やかな下りは楽しい。足をこっちに置いて次はこっち〜。しかし急な下りや段差が大きいところ、木の根が入り組んでいるところ、滑りやすそうな場所などもあり、、

今回は標準タイムで行けたがもっと練習だわ!

とにかく練習!練習すればするほど自信に繋がる!夏の大目標の涸沢はとてつもない長距離なのでしっかり登れるようしとかなければ!!

 

夫と娘にはお土産〜〜^ ^

f:id:cheboo:20190219145438j:image

高尾山饅頭とスイートポテト、夫の好物のわさび漬け。

喜んでくれました〜〜(≧∇≦)

 

2回目の高尾山、自分の成長も感じられとても楽しかったです!

 

関連記事