桃田ぶーこの「ゆる糖質制限」ダイエット

講談社より書籍化!『45歳、ぐーたら主婦の私が「デブあるある」をやめたら半年で20kgやせました!』

体重を落とすことより時間と根気がいることは【ゆる糖質ごはん】

おはようございます!

 

昨日のゆる糖質メニュー

朝ごはん

きな粉おからヨーグルト

ホットコーヒー

 

昼ごはん

f:id:cheboo:20200324194542j:image

めかぶ酢(食前もずく酢の代わり)

味噌汁

白米90グラム


f:id:cheboo:20200324194539j:image

余り物煮(こんにゃく、さつま揚げ、椎茸、卵)

新しいお皿(400円)


f:id:cheboo:20200324194545j:image

ネギ納豆、蕗味噌、キムチ

新しいお皿(Francfrancで1枚300円が半額でした!)

 

夜ごはん

f:id:cheboo:20200324194632j:image

サラダ(きゅうり、ささみ、海藻麺)3人分


f:id:cheboo:20200324194638j:image

菜花と小海老乗せ


f:id:cheboo:20200324194635j:image

サバ焼き


f:id:cheboo:20200324194642j:image

鶏むね肉と菜花と玉ねぎ卵炒め(3人分)

 

夕飯は家族3人分を大皿に盛ることもありますが

必ず取り皿(気持ち小さめ)を使っています。

自分で小皿に取りながら食べ「どこで止めるか!?」をいつも考えます。

我慢するのではなく「自分の適量探し」です。

 

ダイエットを始めて3年ですが

体重を落とすことよりも時間と根気が必要なのは

「早食いを直す」

「自分の適量を知る」

だと私は痛感しています。

 

昼ごはんのように最初から一人前を盛り付けると自分の適量は分かるのですが

大皿から取り分けだと「これくらいで良いかな?」「足りているのかな?」「食べすぎかな?」「今、腹何分目くらいかな?」などなどまだ迷う場面があるので

たまに敢えて大皿料理を作り自分で自分を試しています^ ^

 

何年も何年も、長い間太り続けてきたのだから時間はかかりますがやりがいがあるので良しとします( ̄▽ ̄)

 

今日も元気で!!

来週、お天気が良ければ高い山に挑戦します!

楽しみですー^ ^

エイエイオー٩(๑❛ᴗ❛๑)۶