桃田ぶーこの「ゆる糖質制限」ダイエット

たのしくおいしく、やくにたつ

「富士山が見たい!」桃田ぶーこの登山チャレンジ第5弾【山梨県・高川山】

初めての方はこちらへどうぞ
⇒プロフィール

 

ダイエット3年目の私の目標

毎月達成できそうな小さな目標を作る!

達成したら自分を褒めたたえる!

 

毎月の小さな目標は低山に行き山登り練習をすることです。

12月は「今年最後に富士山が見たい!」とリクエストしていました!

f:id:cheboo:20181223133538j:plain

 

友人チェブが選んだのはここ!

山梨県大月市高川山」(タカガワヤマ)

富士山の眺めが素晴らしい12の山頂「秀麗富嶽十二景」 の一つに選ばれています。

f:id:cheboo:20181222211437j:image

 

JR初狩駅で下車。何もない無人の駅でした。

近くのローソンでお昼ご飯を購入。店員のおじさんが「今日の天気なら高川山は最高だよ!」と教えてくれました。 

登山口まで30分ほど歩きます。

熊。。熊が出るんだね。。友人は熊よけの鈴をリュックにつけました。

f:id:cheboo:20181222211410j:image

登山者カウンター。初めてみました!面白い^ ^

f:id:cheboo:20181222211423j:image

ここからが登山道です!

まだワクワクワクワクしていました!
f:id:cheboo:20181222211433j:image

登山道の登りはじめっていきなり急です。

歩き始めて3分ほどで後悔する。

「なぜ私はこんな遠くまで来て歩いているのだろうか。。」「この急な場所はいつまで続くのだろうか、、」「富士山見たいなんて言わなきゃ良かったよ、、」

f:id:cheboo:20181223130003j:plain

しかし木と木の間から光がキラキラ輝き、歩くたびに枯葉がザッザッと音がして楽しくなってきました。

f:id:cheboo:20181222211426j:image

途中で「男坂」「女坂」に分かれ緩やかな女坂方面へ。「緩やか」では全くなかったが「男坂」よりは確かに緩やかでした。

とてもじゃないが男坂は女坂よりも遥かに急で「男坂」すんげぇなぁーと感じました。

 

f:id:cheboo:20181222211419j:image

私は歩き方がまだまだ下手くそで滑ったらどうしようと怖々歩いていると山岳指導員の友人が「自分の足の裏を信じて」「足の指も意識して」「一歩一歩地面を踏みしめて歩くんだよ」と声をかけてくれました。

自分の足の裏!足の指!普段そんなところは意識したことがなく新鮮に感じました。

今まで太りすぎて使っていなかった私の足で登っているのだ!

f:id:cheboo:20181222211413j:image

 

スタートから1時間40分! 

登頂〜〜(^o^)

360度が見渡せる素晴らしい山頂です!

そして富士山が目の前〜〜!!

あぁぁぁ〜〜富士山だわ。。

登頂出来たわ。。。

f:id:cheboo:20181222213251j:image

 

山頂でお昼ごはんにしました。

ポットのお湯で即席とん汁!初めての経験です。身体がジュワワーンと暖かくなりすっごい美味しかったです!

次の山に行くときも登頂したら味噌汁系を飲みたいです!

f:id:cheboo:20181222213556j:image

コンビニで買ったおにぎり「とろとろ豚角煮」とスティックささみで軽く済ませました。

f:id:cheboo:20181222213600j:image

記念のパシャリ。友人(猿)ぶーこ(ブタ)

f:id:cheboo:20181222211430j:image

下りは沢沿いの別ルートで下りました。薄暗くて熊が出そうな場所は熊よけの笛を吹きながら早足になる私。。

快調なペースで無事下山できました!

 

友人が登山アプリで記録してくれていました。

こうやってみると私、、ちゃんと頑張ったわ!頑張れた!

f:id:cheboo:20181222211440j:image

<登山記録>

  • 歩いた時間 4時間22分(休憩1時間)
  • 歩いた距離 7.36キロ
  • 登った高さ 536m
  • 歩数 17295歩

高さってピンときませんでしたが「東京タワーは333m」と聞いてなるほど!と思いました。山って高いな~^ ^

 

今回の「高川山」は急な道も多く太ももとふくらはぎがパンパンになりました。

1日あけて今日しっかり筋肉痛がきました笑

 

まだ山登り5回目ですが山って外から見るのと中に入って見るのとは違うのですね。歩きながらどんどん景色が変わり、当たり前なのですが山って同じ景色ってないんだなぁと思いました。

あと、大きな木の根っこの上は滑りやすいしつまづきやすい。下界はいかに整備された便利な道で日常を送っていたのか山に行き感じました。

 

足を一歩一歩出して踏みしめて歩く。

山の香り、風、日なたと日陰の温度差など感じながら必死に登り必死に下りました。

太もも、ふくらはぎパンパンで脚が疲れたけど息切れはしませんでした。

ダイエット前は(85.3キロ)少し歩くと腰や背中が痺れ、息切れから動悸がし「脚が疲れる」まで歩くことがなかった。脚が疲れる前に息切れが先に来ていたのです。

今はあの苦しい息切れや波打つドクドクドクドクンドクンという「このまま死ぬんじゃなかろうか」と、、恐怖を感じた動悸もありません。

 

来年の夏に憧れの涸沢(北アルプス)に行くために練習しているのですが、まだまだ私にはクリアーしなければいけない課題が沢山あるのでとにかく練習です。

また来月も計画を立てています。

楽しいから続いている。やりたいのです。

f:id:cheboo:20181222222902j:image

来月に行くところを友人と計画中で今からすっっごい楽しみです!!

 

関連記事

第1弾はダイエットするきっかけの一つになった高尾山。ダイエット1周年記念に登れたことが「自信」につながり山が好きになりました。

第2弾:初めてのテント泊!世界が広がった!【上高地~徳沢】

第3弾:初めての山小屋泊!【北八ヶ岳しらびそ小屋・前半】

第4弾:山頂でブルーベリー&鍋!【陣馬山】