桃田ぶーこの「ゆる糖質制限」ダイエット

たのしくおいしく、やくにたつ

ダイエットの遺伝子検査?

ぶーこの友人チェブです。

遺伝子検査で「脂質で太るタイプ」と出たが糖質制限は合わないのでしょうか?という質問をいただきました。


江部医師のブログに同じような質問がありました。

 この方は糖質制限で20kg減量したがリバウンド。遺伝子検査をしたところ脂質代謝が苦手なタイプと判定され、糖質制限は不要なのだろうか…?と質問をされています。

江部先生の見解は以下のとおり明快でした。

この種の遺伝子タイプの検査はあくまでもお遊びと考えたほうがいいと思います。つまり学問的に科学的に証明されているようなことではありません。
現実に最初の1年間は糖質制限食と筋トレで、見事に減量成功ですから、高脂肪・高たんぱく食が上手く代謝できた証拠と言えます。 

 そのとおりだと思います。この方は糖質制限で20キロも痩せた実績があるんだから遺伝子判定ハズレてるし。。

といいますか、検査の販売元サイトにも「肥満の要因は遺伝因子3割、環境因子7割」と明記されているように、その程度に受け止めるべきかなと私は思います。


肥満の原因は、食事や生活習慣といった環境因子がほとんどということです。 江部先生のページを読みつつ、一旦は糖質制限で減量成功した人が、なぜ迷子になってしまうのだろう…と考えてしまいました。
正しい道を歩いていたはずなのに、ひとたび迷子になると闇雲に動いてしまい、ますます道が分からなくなるというのは山の遭難に多いパターンです。人の心理は「この道で正しいはずだ」と自分に甘い判定をしてしまいがちです。山では「迷ったかも?」と思ったら闇雲に進まず、冷静に「元来た道を戻ること」が確実に助かるための第一選択です。

これと同じだと思います。ダイエットがうまくいかないときは迷いがちですが、ぶーこがよく書いているように「自分が食べているものを残らず書き出して原因を考える。原因が分かれば改善できる」。それが確実な道を見つけるための第一選択だと思います。

 

ですから、「糖質制限が合うのか合わないのか分からない…」と考え込む前に、いっぺんでいいので、「自分が1日にどれくらい糖質を摂っているか」をカウントしてみてください。

 下の記事で便利アプリを紹介してます。間食や飲み物もカウントしてみてください。

また、知らぬ間に糖質が高いものをたくさん食べてないか、こちらのサイトで確認してみてください。

自分がどれくらい糖質を摂っているか分かれば、
例えば1日の糖質量が200gだったら150g以内に減らしてみようかなとか、150gくらいだったら別に多くないのでやっぱり脂質が多いんだな、やっぱり運動もしなくちゃかな…と的を絞って改善策が講じられることでしょう。


ちなみに、ある飲料メーカーが糖質摂取量を調査したところ、20~60代の男女1000人の平均は1日なんと320gも摂っていました。特に50代女性の糖質摂取量は1日に角砂糖125個分!平均でこの数字なので、肥満の人の摂取量はもっと多いだろうと想像できます。

 

糖質制限でなぜ痩せるかを知れば、食事や生活スタイルを見直すだけで効果が出るのも納得がいくと思います。ジムやサプリ、高いお金をかけなくても効果的にダイエットできるんです。

でも正しく知るために数百円かけて本を1冊読んでみてください。
ネット情報に踊らされず、お医者さんの本を読んでください。


参考までに最近、私が買った本。(左ですよー)book.jpg

『甘いもの中毒』-ータイトルは強烈ですが過激な内容ではありません。
著者の宗田医師は産婦人科の先生です。「妊娠糖尿病」って聞いたことある人も多いと思いますが、糖質制限を取り入れた安全な出産、学会発表等により妊婦さんの健康に多大な貢献をされている医師です。

読みやすいし特に女性の皆さんにオススメします。

今年1月末に出たばかりで情報も新しいし、糖質制限への批判にも答えています。

アマゾンの読者レビューも参考になると思います。