桃田ぶーこの「ゆる糖質制限」ダイエット

たのしくおいしく、やくにたつ

糖質制限は誰でも痩せる?

ぶーこの友人チェブです。

糖質制限は誰でも痩せるのですか?

という質問をいただきました。糖質制限をしても体重が落ちない場合、その原因は次の3つであることが多いようです。

1.すでに標準体重である(標準BMI=22)

2.気づかない糖質を摂っている

3.大食漢である(食べ過ぎ)

「1」について、糖質制限はその人にとって自然な体重(健康体重、標準体重)に近づけるための食事改善だと私は理解しています。BMI20を切るようないわゆる「美容体重」はそれこそ美容の領域だと思います。美容体重をキープされている方はそれなりの努力をされているはずです。


ただ、私自身は標準体重でも落とせました。当時、お腹ポッコリ&中性脂肪値が高めで、登山やってるくせにプチメタボ。それが糖質ちょいオフですぐに正常になり、BMIも20以下に落ちました。私のように内臓脂肪がついてしまったタイプの人は落ちやすいようです。


ちなみにぶーこはダイエット開始時BMI=33でした。質問者さんはBMI=32とのことなので、ぶーこと同じように「2」と「3」を見直せば体重は落ちていくと思います。

 

ほとんどの場合、落ちない原因は「2.気づかないで摂り過ぎている糖質」です。

 

これは医療現場で食事改善を指導する医師の多くが言っていることです。患者本人は糖質に気を付けている「つもり」なのですが、実際に食事記録をつけてもらうと、思い込みや無自覚で摂り過ぎている糖質のオンパレードだったりするそうです。

例えば、お米やパン、ラーメンなどは注意していても「蕎麦は糖質が低い」と勘違いしている人がとても多いです。

糖質は「甘い物」だけでなく、しょっぱいお煎餅にも味のない春雨にも、ヘルシーなはずのシリアル、野菜ジュースや果汁100%ジュースやスムージー、何気なく使っているソースやケチャップ、みりん、ドレッシングなどの調味料にも、ほとんどの食材に含まれています。
ぶーこも最初はスーパーで商品の成分表示を見ては「えっ!こんなものに糖質が!」と気づくことが第一歩でした。ぶーこにコメントくださる方も、皆さん最初は「えっ!」からスタートされている感じです。


そもそも炭水化物と糖質の違いって?という人もかなり多いです。こちらの記事も読んでみてください。 

www.buko-diet.net

 

そして、いっぺんでいいので「自分は1日にどれくらい糖質を摂っているか」をカウントしてみてください。

こんな便利なアプリもあります。

糖質カウンター(無料)
f:id:cheboo:20180401115805p:plain

食べたものを選ぶだけです。アバウトでOKです。毎日やらなくていいです。

いっぺん、どれくらい糖質をとっているか確認してみてください。


試しに2/28のぶーこの1日の食事を入力してみたらこんな感じになりました。

<朝>

f:id:cheboo:20180331034911j:plain

<昼>

{347E9E1F-9D04-476A-A31A-8EA019B01A0F}

<夜>

{43282EBC-569B-441F-8D78-6E4179A8CFEA}

<1日合計>糖質51g、カロリー1668

f:id:cheboo:20180401120419j:plain

カロリー的にも適量を食べてるし、朝はお米も食べてますが、糖質量はわずか51gでした。ダイエット開始時は1日の糖質量70-100gを目標にしてましたが、1年以上続けているベテランさんなので、もう糖質量は自然に調整できています。

 

糖質制限してるのに落ちない…」という方は、こうやって一回でいいので自分の糖質量を把握してみてください。

その上でぶーこと同じように糖質オフをやってみてください。 

www.buko-diet.net

 

減量のペースは十人十色です。ぶーこは「このままでは死ぬ」という思いでかなり真面目に取り組んだので1ヶ月目から大きく落ちましたが、皆さんからのコメントを見てると3カ月で5キロとか10キロとか皆それぞれです。 

ぶーこのように糖質を過剰に摂っていた人は最初から大きく減量するようですが、早いのが良いというわけでもないです。私は1ヶ月1-2キロでいいと思ってます。いきなり運動したら筋肉痛になるのと同じで、いきなり極端な減量を目指すと体がついていけません。

1カ月1-2キロ落とすだけでも半年で6-12キロの減量できます。

1日わずか100gずつでも1週間に700グラム。1ヶ月で3キロです。

500g増える日もあれば600g減る日もあります。ジグザグしながらも「増え続ける」ことがなくなれば結果はついてきます。

 

そうこうしているうちに「太らない食習慣」が身についてきます。そうなったらこっちのもの。それはもうダイエットじゃなく「普通の食事」です。

糖質ダイエットの目指すところは、一時的に痩せることではなく、「普通の食生活をする普通体型の健康な人」だと心得ましょう。これは一生モノですよ!

 

というわけで、正しく糖質制限をすれば、もうそれが当然であるかのように痩せますが、若い女性だと効果が出にくいこともあるようです。

より詳しく知りたい方は、「日本糖質制限医療推進協会」(代表:江部康二医師)で大変丁寧に解説されているのでぜひぜひご参照ください。

糖質制限FAQ-1 一般・ダイエット

こうした医師による情報発信、医師の著書など、正しい情報を参考にして行いましょう。

 

最後に私感ですが、一番上の1~3に当てはまらない人で「糖質制限しても痩せない」という声はあまり聞いたことがありません。