桃田ぶーこの「ゆる糖質制限」ダイエット

たのしくおいしく、やくにたつ

床屋さん【漫画】

今日髪の毛を切りに行きました。

私が通っているのは地元の「床屋さん」です。
 
嫁に来て20年。
 
↓20年前の私です。実話です。
 
{D1C8BB2D-95B9-467A-B44A-95846666973F}

髪の毛を切りに行きたいと夫に伝えたら「散髪に行くなら地元でお金を落とせ」(←お金を使え)
 
床屋さんは地元に一軒しかなくそれで生計を立てています。
 
なるほど〜と思い人生初の床屋さんに行きました。
 
 
 
人当たりの良いおっちゃんでシャンプーも頼みました。
 
髪の毛を洗う時に。。
 
床屋さんは身体を前に倒して洗うのです。。
 
 
顔にダラダラダラダラシャワーの湯が流れてくるしそれよりも腹が苦しい、、胸が苦しい、、すべての臓器が悲鳴をあげていた。
 
{E0D7D869-B45A-4194-A501-BD77D8E24A37}
 
 
シャンプーが終わって。。
 
{C6D8F5C9-6C57-4A90-AC83-08AB1B32E99E}

やっとカットに入る。
 
肩くらいの長さに切ってください。
 
世間話をしながらチョキチョキチョキチョキ切っていく。
 
 
 
出来上がりました。
 
 
 
  
 
ぶーこの出来上がりである!
 
{1CE24BDA-3F10-448F-B378-AA318BAFBC3D}
 
ショックだった。。

{0724C3CC-B547-485F-A1FB-36529E7552AF}
 
お礼を言い1500円支払いました。
 
{192CF9BD-E7B3-482D-BFA3-3FF660B4F842}
 
 
20年経ち現在では。。
 
 
爺さん2人が床屋の椅子に座り世間話をしていた。
 
{5452987A-4801-4B3B-B23C-7B12E7B5F63A}

立派な常連客である!
 
{0F09463B-3858-4DD2-9B87-61C3A08E0FC9}
 
床屋のおっちゃんと喋っている間は爺さん2人はじっと耳を澄まして私の話を聞いているのだ(笑)
 
シャンプーはしません。
シャンプーは20年前に一度だけです。
 
 
出来上がりました。
 
おかっぱ頭。
 
 
そうです。
 
私はずっとこのおかっぱ頭なのです。
 
{FB472377-4ECC-4C28-9243-68E68562ABFC}

 
私の切った髪の毛を爺さんが見て発した言葉。
 
{46344616-034E-41AD-B196-244C559C6977}

想像してみた。。
 
ノリでも付ければいけるんじゃないか?
 
こんな感じで。
 
じい様リーゼント。
 
{614B9DB9-FCA0-47FB-A512-FE144E775CD5}


今回、床屋さんまで歩いて行きました。
初めて歩いて行きました。
 
45分くらいだったのですが途中、山や木々に囲まれて暗い場所があり車では気づかなかった。
 
獣に出会わなく無事に到着してよかった。
 
帰りは。。。
 
軽トラックを待ち構えて手を挙げて乗せてもらいました。
自宅まで爺さんに送ってもらいました。
 
歩いたことでたくさんの春を感じることができました。
 
写真です。
 
桜ももう終わりですね〜〜
葉桜がとても綺麗でした。 
{D35041AE-F361-4548-A7EF-086B879B939B}
 
フキノトウが大きく成長して花が枯れていました。
{EF7A1348-BF18-4A04-BF65-BF8FDFD1DBFE}
 
{CA15699C-3361-462C-B3EA-137CC13F106C}
  
{1207AAEA-67D8-49D0-867B-3C804E33DD32}

私、、、
床屋さんは引き続き通いますが、、
 
ダイエット最終目標達成したら東京のお洒落な店で頭皮マッサージが上手でカットも上手でイケメン美容師(30歳くらいで笑顔が素敵で話が上手、清潔感があるひと)に切ってもらいたいのです!
 
 
1つまた楽しみが増えました〜(@^▽^@)